ULIS は、シンプルかつパワフル、そして非常に身軽な画像処理ソリューションです。

ULIS は、複数のプラットフォームで互換性のある近代的な C++ ライブラリで、これの導入によりイメージング部門に於ける社内ソリューションの開発の必要性が軽減され、御社のアプリケーションの開発がより容易になります。

複数のOSに対応

全てのメジャーな会社のデスクトッププラットフォームで機能

最適化

マルチスレッドと SIMD のサポート

バインディング

Python または WASM ウェブアセンブリ用にバインディング

オープンソース

ソースコードへの無料のアクセス

ULIS logo

ULIS は、Utility Library for Imaging System(イメージングシステム用のユーティリティ ライブラリ)の略称で、Unreal Engine の3D環境においてラスターベースで描画するという ILIAD と Odyssey の ニーズに答えるために開発されました。

github

GitHub

documentation

ガイド

license

EULA

諸機能と詳細

ULIS の諸機能:
• 複数のプラットフォームで互換性のある C++14 ライブラリ
• ジェネリックのデジタル画像処理
• 2D ソフトウエア ラスタライザー
• 無制限の画像フォーマット(u8、u16、u32、フロート、ダブル)
• ビット指定のカスタムメモリーレイアウト
• Photoshop の全てのピクセルブレンディングモード + 11 種類のモードを追加
• 利用できるカラーモデル(RGB、HSL、HSV、CMYK等)
• カラーマネージメントされたパイプライン、カラースペースサポート(icm プロファイルと機器から独立)
• マルチスレッド可能な最適化されたアルゴリズム
• SIMD エクステンション(SSE2)付の最適化されたアルゴリズム
• 最適化の為のイメージプールとキャッシュ
• アニメーションの連続画像のメモリー保存

ソフトウエアのシステム要件(SRS):
• 64 ビット OS - Linux、Windows または MacOS
• CMake(3.11.4 または、それ以上)
• Git(2.17.0 または、それ以上)
• C++14 をサポートしている、C++ コンパイラー
• Python(3.7 または、それ以上) "python3" の PATH から利用可能(オプション)

サポートされているコンパイラー:
• MinGW 64 7.xx
• Clang LLVM xx
• MSVC
• GNU GCC


ULIS の価格

ULIS には、お客様のステータス及びプロジェクトの種類により2つのタイプのライセンスがあります:


標準ライセンス

✔ 個人向けのみ
✖ 法人は不可
✖ 商業目的のプロジェクトは不可(非営利目的のプロジェクトのみ)
✖ テクニカルサポートなし
✔ Praxinos の明記は必須


無料です!


拡張ライセンス

✔ 個人向け
✔ 法人向け
✔ 商業目的用
✔ テクニカルサポートを含む
✔ Praxinos の明記は任意

70€/台/月

または、

700€/台/年

弊社のライセンシングのシステムに関して詳細を知りたい方は、このページをご参照ください。

良好なパートナーシップは、良好なコミュニケーションから始まると考えています。ご興味のある方は、弊社とコンタクトを取っていただくか、あるいは Discord に登録していただければ、皆様の質問にお答えいたします。皆様のプロジェクトをご紹介いただければ、どのような形でサポートできるか検討させていただきます。



フォローしてください!

弊社のパートナー

Legal notices